ホーム示談とは慰謝料支払い示談書>示談書・公正証書作成(熊本県)

◆示談書作成代行>熊本・八代・天草・玉名・宇城など熊本県全域

◆不倫・婚約破棄・交際解消・妊娠中絶などの慰謝料支払い示談書作成のご依頼・ご相談をお受けしている行政書士事務所です。無料相談も実施しておりますのでお気軽にお問い合わせください。


ご依頼・ご相談はこちらから 当事務所の紹介はこちらから

慰謝料支払い示談書の作成代行サービス (不倫・婚約・内縁・中絶など男女問題)


不倫や浮気・婚約破棄・内縁解消・妊娠中絶など様々なトラブルで「お金を支払うことになった」「お金をもらうことになった」などの場合、お金を支払う側も、お金をもらう側も様々な不安を抱えていると思います。行政書士などの専門家が作成する示談書はそのような不安を解消・緩和するのに役立ちます。以下では示談書作成を専門的に取り扱う当事務所の特徴を少し紹介します。




★様々なタイプの書面作成に対応しております!
示談書であれば「不倫や浮気」「交際の解消」「内縁の解消」「婚約破棄」「妊娠中絶」などの男女トラブルや「交通事故」「傷害」「未成年者間のトラブル」「器物損壊」「窃盗」など様々な内容の示談書作成に対応しております。また示談書だけでなく「合意書」「和解契約書」「公正証書」「誓約書」「念書」「離婚協議書」「不倫慰謝料請求の内容証明」「借用書」「夫婦間合意契約書」などの作成ご依頼もお受けしております。


★作成費用が明確です!
示談書や合意書の作成費用は1種類1万6000円(当事務所名・行政書士職印などを含む場合は+3000円)と明確です。当事務所では低価格で質の高いサービスを提供することを目標としております。


★作成経験が豊富な事務所です!
開業以来数多くの示談書・合意書・公正証書などを作成してきた経験豊富な事務所です(特に男女トラブルに関する示談書・合意書作成のご依頼が多いです)。「こんな内容の書面を作れますか?」などご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。


★無料相談、全国からのご相談・ご依頼に対応しております!
電話やメールでのご相談に無料で対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。また、熊本県をはじめ全国各地からのご依頼・ご相談に対応しており、当事務所までお越しいただかなくてもご依頼をお受けできます。


ご相談はこちらからどうぞ!


当事務所の示談書作成代行サービスの流れ


◆示談書作成の流れを簡単にご説明させていただきます(分かりにくい点がありましたらご質問ください)。

@最初は無料相談(電話・メールなど)をご利用ください。
※ご予約なしでお電話・メールいただいて大丈夫です。
 ↓
A無料相談において、相談されたい内容・周辺状況・示談書に書きたい内容・ご不安に思われている点などをお聞きした後に当事務所の見解をお伝えします。
 ↓
Bご依頼いただける場合には必要な情報をメールなどで当事務所にお送りいただきます。
 ↓
Cお聞きしたお話・送っていただいた情報などをもとに示談書案を作成します。そして作成した示談書案をご依頼者にメールでお送りし確認していただきます。
 ↓
Dご依頼者と話し合って案を修正していきます
※お電話で内容についてご説明し、その後ご依頼者の修正希望・追加希望等をお聞きします。
 ↓
E示談書案がご依頼者の納得する内容に仕上がります。
※納品前の修正は回数無制限です。
 ↓
Fご依頼者を通して相手方に内容を確認してもらいます
※直接会わずにメールなどで確認される方が多いです。
※相手方への確認は必須ではありませんので確認されない方もおられます。
 ↓
G完成した示談書を郵便でご依頼者にお送りします。
※ご自宅への郵送がまずい場合は、郵便局留でお送りすることもできます。
※ご希望される場合は、Word・PDFなどをメールに添付して納品することもあります。
 ↓
H当事務所の示談書作成費用をお支払いいただきます。
※基本的に後払いで銀行振込です。



◆全国からのご相談・ご依頼に対応しております(当事務所までお越しいただく必要はありません)。


ご相談・ご依頼はこちらからどうぞ




示談書か?公正証書か?


◆公正証書は公証役場において作成・保管される公的な文書で高い証明力・強制執行力などを持ち、通常の示談書より強い効力があります。ただし、どのような内容でも公正証書にすればよいというわけではありません(公正証書は慰謝料の支払いが長期の分割払いになるようなケースで作成されることが多いです、例えば200万円を月2万円ずつ100回で支払う、などのケースです。逆に200万円を5日後に支払う、というような一括払いのケースでは作成しないことが多いです)。


◆公正証書は強力な書類ですが、作成するために、それなりの「時間・費用・手間」が必要です。ですから、内容によっては「時間・費用・手間」がそれほど必要でない示談書でも十分かと思います。


◆「示談書と公正証書の違いがよく分らない」「公正証書を作るべきかどうか迷っている」などの方はご相談ください。お話をお聞きして当事務所の見解をお伝えします。


◆当事務所では「不倫慰謝料支払いの公正証書代理作成(当事者2人が公証役場に行かなくても公正証書を作成できます)」のご依頼をお受けしておりますので、ご関心のある方はお問い合わせください。


示談書作成に関するご相談について (ご相談は無料です)


◆ご相談には無料で対応しております。事前の予約等は特に必要ありませんのでお気軽にお問い合わせください(お電話に対応できる状況であれば随時対応しております)。


◆示談書以外にも「慰謝料支払いの公正証書代理作成」「合意書」「誓約書」「念書」「和解契約書」「内容証明」「借用書」などに関するご相談・ご依頼に対応しております。


◆当事務所は大阪の行政書士事務所ですが全国からのご相談・ご依頼に対応しております(示談書作成業務に関しては、ご依頼者の半数以上が関西以外の地域の方です)。電話・メール・郵便などでのやり取りが可能であれば当事務所にお越しいただく必要はありませんので、遠方からのご相談・ご依頼でもご安心ください。


ご依頼・ご相談はこちらからどうぞ



熊本県全域(八代・あさぎり町・合志・球磨村・天草・相良村・阿蘇・湯前町・上天草・多良木町・宇土・錦町・菊池・津奈木町・山鹿・芦北町・玉名・氷川町・水俣・山都町・荒尾・甲佐町・人吉・益城町・嘉島町・御船町・南阿蘇村・西原村・高森町・小国町・南小国町・菊陽町・大津町・和水町・長洲町・南関町・玉東町・美里町・熊本市)からのご依頼・ご相談に対応しております。

ご依頼をお受けする場合の費用


◆示談書作成

1万6000円(消費税・郵送料込)

◆「慰謝料などお金を支払う人」「慰謝料などお金をもらう人」の2者間の示談書の金額になります(ご依頼の大半は2者間の示談書です)。連帯保証人が含まれるケース、ダブル不倫の4者間のケースなどはご相談ください。
◆1万6000円というのは示談書1種類の費用です(基本的に使用する示談書2通・予備の示談書2通を指します)。


◆示談書に当事務所名・行政書士の職印などを含める場合

上記の費用+3000円

◆追加料金3000円で示談書の最後に作成事務所名など(当事務所名・当事務所住所・行政書士の名前・行政書士の職印など)を記載することもできます。
◆「事務所名などがある場合」と「事務所名などがない場合」の法的効果(法的拘束力)に違いはありませんが、事務所名や行政書士職印を含めることによって「相手方に対して専門家が作成・関与したことを示す」「相手方への心理的圧力」などの効果があるかもしれません。追加をご希望の方はお申し付けください。


◆慰謝料支払いの公正証書代理作成について

4万8000円(消費税・郵送料込)+実費(公証役場に支払う費用)

◆実費とは公証役場に支払う費用のことで内容によって変化します。例えば、慰謝料100万円を支払う内容の公正証書の場合は7000円〜1万円程度です。
◆上記費用(4万8000円)には代理人手数料2名分が含まれています。
◆公正証書代理作成は、作成の条件・作成の方法が少々複雑な上、示談書作成に比べ作成期間も長期間になりますので、詳しくはご相談ください。


※「合意書」「誓約書」「借用書」「不倫慰謝料請求の内容証明」などの「作成の流れ」や「作成費用」に関してはお問い合わせください。


ご依頼・ご相談はこちらからどうぞ



示談書作成対応地域
◆熊本・天草・宇城・荒尾・菊池・人吉・阿蘇・八代・玉名・山鹿・合志・宇土・上天草・水俣など熊本県全域。

◆不倫・浮気の慰謝料支払の示談書作成、男女トラブルの誓約書作成、妊娠中絶の解決金支払の合意書作成、婚約不履行による慰謝料支払の示談書作成、内縁関係解消に伴う慰謝料支払の示談書作成、婚姻費用分担の契約書作成、離婚の協議書作成、不貞行為謝料請求の内容証明、夫婦間合意契約書の作成、借金返済の借用書などでお困りの方はお気軽にお問い合わせください。

「示談書作成トップページ」に戻る場合はこちらから