ホーム>内容証明で不倫慰謝料請求|尼崎市全域(塚口・立花・武庫之荘・園田など)

◆行政書士が「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のご依頼・ご相談をお受けしております。

◆「内容証明での不倫慰謝料サポート」以外にも慰謝料請求に関連する書類の作成(示談書・誓約書・公正証書など)を承ります。


内容証明での不倫慰謝料請求をお考えの方へ>尼崎市


■不倫慰謝料請求には様々な不安がつきものです。よくお聞きするのは「こんなに高い金額を請求しても大丈夫か?」「内容証明の書き方がわからない」「恐喝にならないのか?」「裁判をせずに相手方が慰謝料を支払ってくる確率はどのくらいあるのか?」「慰謝料の相場ってどのくらい?」「示談書と公正証書の違いが分からない」などです(それ以外にもたくさんありますが、とても書ききれません)。慰謝料請求は誰にも依頼せずにご本人単独で行うことが可能であるにも関わらず、専門家(行政書士や弁護士)に依頼をされる方が多いのは抱えておられる様々な不安ゆえだと思います。

■当事務所は行政書士の事務所ですが「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」「示談書や合意書の作成」「不倫慰謝料支払いの公正証書の作成」「相手方から送られてくる書面のチェック」など書面作成を中心にご依頼者をサポートしております。ご依頼をお受けした場合は、今までの経験をもとにご依頼者の不安を解消できるよう業務を遂行しております。

■「どんな事務所かも分からないしいきなり依頼するのは不安」という方のために、「内容証明での不倫慰謝料請求」に関する無料相談(電話・メールでのご相談に対応)を実施しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

※当事務所は弁護士事務所ではありません。相手方との直接交渉、裁判関連の手続きをご希望の方は弁護士さんにご相談・ご依頼ください。


ご依頼・ご相談はこちらから


当事務所の「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」の特徴をご紹介します


@無料相談を実施しております
■初回相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。電話、メール、面談でのご相談に対応しております(面談のみ事前の予約が必要です)。
■依頼されるかどうかお決めになられていない状況のご相談でも問題ありません。


A事務所に来ていただかなくてもご依頼をお受けできます
■電話、メール、郵便でやり取りが可能であれば事務所まで来ていただかなくてもご依頼をお受けすることができます。
■当事務所は大阪市にありますが、尼崎のご依頼者の方で事務所まで来られるのは5割前後だと思います(残りの方は電話、メールなどのやり取りのみでご依頼をお受けしております)。


Bわかりやすい費用体系です
■下記でも説明いたしますが、「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」は着手金1万円、成功報酬8%という明確な費用体系でご依頼をお受けしております。
■多くの行政書士事務所の中でも「依頼しやすい費用体系」だと考えております。


C書面作成を通してご依頼者をサポートします
■「内容証明の作成・発送」「回答書の作成」「示談書の作成」「誓約書の作成」「公正証書の代理作成」など行政書士の業務である書面作成を通してご依頼者をサポートします。


D経験豊富な行政書士がご相談・ご依頼に応じております
■当行政書士事務所では毎年数多くの不倫慰謝料関連業務のご依頼・ご相談をお受けしております。ご依頼数が多い業務は「不倫慰謝料請求サポート業務(関西各県からのご依頼が中心です)」「示談書作成業務(関西各県からのご依頼が4割、関西以外の地域からのご依頼が6割というところです)」「不倫慰謝料支払いの公正証書作成サポート業務(大阪府・奈良県・兵庫県・京都府からのご依頼が9割ほどです)」などです。



以下では「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のご依頼をお受けする際の内容・費用について詳しく説明いたします!


◆「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」の内容は以下の通りです。
・内容証明案の作成
・内容証明の発送
・2通目以降の文書の作成
・示談書・和解契約書など契約書面の作成
・上記に関するご相談への対応



◆「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のご依頼をお受けする場合に必要な費用
着手金:1万円(内容証明郵送料1通分込み)
成功報酬:相手方が支払いに応じてきた慰謝料金額の8%
示談書作成費用:1万円


◆費用例
■内容証明で慰謝料200万円を請求。相手方が減額を要求してきて、最終的に慰謝料100万円で示談となる。
このケースでは着手金1万円+成功報酬8万円+示談書作成費用1万円の合計10万円となります

■内容証明で慰謝料200万円を請求。相手方が支払いを拒否してきたため2通目の請求書面を送ったが再度支払いを拒否された。訴訟のために弁護士への依頼に切り替えた。
このケースでは着手金1万円のみとなります。

■内容証明で慰謝料200万円を請求。相手方から50万円なら支払うと回答があったため、少なくとも100万円の支払いでなければ示談できないとの書面を送るも相手方が要求を拒絶。訴訟のために弁護士への依頼に切り替えた。
このケースでは着手金1万円のみとなります(示談に至っておりませんので、当然ですが相手方が提示してきた50万円に対して成功報酬は発生しません)。


「依頼した場合の流れ」や「依頼した場合に必要な費用」に関してご不安やご不明な点がある方はお気軽にお問い合わせください。



ご依頼・ご相談はこちらから


※尼崎市(猪名寺・園田・塚口・武庫之荘)をはじめ兵庫県全域からのご依頼に対応しております。

不倫慰謝料請求サポート以外の不倫慰謝料関連業務のご紹介


■当事務所では「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」以外にも以下のような不倫慰謝料関連業務を取り扱っております。


不倫慰謝料支払いの示談書作成


■示談書作成のみのご依頼もお受けしております。示談書作成費用は1万6000円(当事務所名・行政書士職印等を含める場合は1万9000円)です。

icon 詳しくはこちらからご覧ください


不倫慰謝料支払いについての公正証書作成


■公正証書代理作成のご依頼をお受けしております。作成に必要な費用は当事務所手数料4万8000円+公証役場に支払う実費です。
icon 詳しくはこちらからご覧ください


不倫慰謝料関連の書面作成対応地域

■尼崎市(立花・大物・杭瀬・出屋敷・尼崎センタープール前など)をはじめ兵庫県全域からのご依頼に対応しております。

■当事務所は大阪市にある行政書士事務所ですが「内容証明での不倫慰謝料請求サポート業務」に関しては全国からのご依頼に対応しております。遠方からのご依頼でも問題なく対応できますので、お困りのことがございましたらご相談ください。



ご依頼・ご相談はこちらから


行政書士が書く不倫慰謝料コラム


示談書と公正証書の違いは?どんな時にどちらを作ったらよいの?


■不倫相手から慰謝料をもらう時には基本的に示談書や公正証書などの契約書を作成することになると思います。これは後々のもめ事を防ぐ意味合いもありますし、双方に作成するメリットがあります。慰謝料をもらう側からすれば「慰謝料の金額や支払い時期が明確になる」「今後の約束(今後、私の夫と接触しない等)を記載できる」「後々に恐喝された等言われるのを防ぐ」などのメリットが考えられます。慰謝料を払う側からすれば「慰謝料の再請求を防げる」「今後の約束(守秘義務等)を記載できる」などのメリットが考えられます。

■では、示談書と公正証書の違いは何でしょうか?まず「示談書」ですが、示談書は私文書(私的な書類)です。あなたご自身が作成しても、弁護士、行政書士などの専門家が作成しても私文書は私文書です。では示談書の作成を専門家(弁護士や行政書士)に依頼するメリットとは何でしょうか?それは専門家に依頼することによって内容面が充実するということです。しっかりと作成された示談書は裁判などでも証拠として認められるでしょう。

■次は「公正証書」です。公正証書は公的な文書と言えます。公証役場という場所で公証人(ただのおじさんではありません、かなり偉い人です)に作ってもらう書類で高い証明力と強制執行力を備えています。相手方が慰謝料を支払い期限までに支払わなかった際に強制執行できる(相手方の給料や財産を差し押さえる)という強烈な効果があります。ただし、それだけ強烈な効果を抱えているため作成するのはけっこう面倒です。当然相手方の承諾と協力が必要です(相手方からしたらそんな書類勝手に作成されたらたまりませんから)。

■示談書は、慰謝料が一括払いで、支払い期限までの期間が短い場合などによく作られます。例えば「慰謝料100万円を1週間後までに支払う」とか「慰謝料を一括で手渡しで支払う」などのケースですね。他にも慰謝料なしの示談書(今後の約束事だけ記載するということです)などのケースもあります。

■公正証書は、慰謝料が分割払いの場合、一括払いだけど支払い期限が随分先の場合などによく作られます。例えば「慰謝料100万円を毎月10万円の10回払いで支払う」とか「慰謝料100万円を半年後までに支払う」などのケースですね。

■当事務所では「不倫慰謝料支払いの示談書作成」「不倫慰謝料支払いの公正証書代理作成」などのご依頼・ご相談をお受けしておりますので、気になる点がございましたらお気軽にお問い合わせください(初回の相談には無料で対応しております)。



※「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」は尼崎市全域(塚口・武庫之荘・立花・杭瀬・猪名寺・出屋敷など)からのご依頼に対応しております。