ホーム>内容証明で不倫慰謝料請求|西宮市全域(西宮北口・夙川・甲子園・今津など)

◆行政書士が「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のご依頼・ご相談をお受けしております。着手金1万円・成功報酬8%のわかりやすい費用体系です。

◆「内容証明での不倫慰謝料サポート」以外にも慰謝料請求に関連する書類の作成(内容証明・示談書・誓約書・公正証書など)を承ります。


内容証明での不倫慰謝料請求をお考えの方へ>西宮市


■当事務所には様々な不倫問題に関するご相談が寄せられます。「不倫相手に慰謝料を請求したいが、こんな請求をして恐喝にならないか?」「内容証明は自分で作っても問題ないですか?」「慰謝料300万円請求したいけどとれますか?」「公正証書ってどんな効果があるんですか?」など相談内容は多種多様です。ご相談の結果、当事務所でご依頼をお受けすることもありますし、ご相談だけに終わる方もおられますし、弁護士さんへの依頼をおすすめすることもあります。ただ、どのご相談者に共通しているのは、多かれ少なかれ「不安」を抱えておられるという点です。

■当事務所は行政書士の事務所で「内容証明での不倫慰謝料請求」「示談書や合意書の作成」「慰謝料支払契約公正証書の作成」「相手方からの送られてきた文書のチェック」など書面作成を中心にご依頼者をサポートしております。ご依頼をお受けした場合は、今までの経験を活かして、ご依頼者の不安を解消できるよう日々業務を遂行しております。

■「どんな事務所かも分からないし、いきなり依頼するのは不安」という方のために、不倫慰謝料請求に関する無料相談(電話・メールでのご相談に対応)を実施しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

※当事務所は弁護士事務所ではありません。よって相手方との直接交渉、裁判関係の手続きをご希望の方は弁護士さんにご相談・ご依頼ください。


ご依頼・ご相談はこちらから


当事務所の「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」の特徴をご紹介します


@無料相談を実施しております
■初回相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。電話、メール、面談でのご相談に対応しております(面談のみ事前の予約が必要です)。
■依頼されるかどうかお決めになられていない状況のご相談でも問題ありません。当事務所へのご依頼を強要することはありません。


A事務所に来ていただかなくてもご依頼をお受けできます
■電話、メール、郵便でやり取りが可能であれば事務所まで来ていただかなくてもご依頼をお受けすることができます。
■当事務所は大阪市にありますが、西宮のご依頼者の方で事務所まで来られるのは2割〜3割ほどだと思います(残りの方は電話、メールなどのやり取りのみで業務を遂行しております)。


Bわかりやすい費用体系です
■下記でも説明いたしますが、「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」は着手金1万円、成功報酬8%という明確な料金体系でご依頼をお受けしております。


C書面作成を通してご依頼者をサポートします
■「内容証明」「回答書」「示談書」「誓約書」「和解契約書」「公正証書」など行政書士の業務である書面作成を通してご依頼者をサポートしております。


D経験豊富な行政書士がご相談・ご依頼に対応します
■当行政書士事務所では毎年数多くの不倫慰謝料関連業務のご依頼・ご相談をお受けしております。ご依頼が多い業務は「不倫慰謝料請求サポート業務(関西各県からのご依頼が中心です)」「示談書作成業務(もちろん関西からが一番多いですが全国各地からご依頼があります)」「不倫慰謝料支払いの公正証書作成サポート業務(大阪府・奈良県・兵庫県からのご依頼が中心です)」などです。




以下ではご依頼をお受けする際の内容・費用について詳しく説明いたします!


◆内容証明での不倫慰謝料請求サポートの内容は以下の通りです。
・内容証明案の作成
・内容証明の発送
・2通目以降の文書の作成
・示談書・合意書など契約文書の作成
・上記に関するご相談への対応



◆内容証明での不倫慰謝料請求サポートのご依頼をお受けする場合の費用
着手金:1万円(内容証明郵送料込み)
成功報酬:相手方が支払いに応じてきた慰謝料額の8%
示談書作成費用:1万円


◆費用例
■内容証明で慰謝料100万円を請求。相手方が減額を要求してきて、最終的に慰謝料80万円で示談となる。
このケースでは着手金1万円+成功報酬6万4000円+示談書作成費用1万円の合計8万4000円となります

■内容証明で慰謝料100万円を請求。相手方が支払いを拒否、その後2通目の通知書を送ったが再度支払いを拒否してきた。裁判のために弁護士への依頼に切り替えた。
このケースでは着手金1万円のみとなります。

■内容証明で慰謝料100万円を請求。相手方から20万円なら支払うと回答があったため、少なくとも80万円の支払いでなければ示談できないとの書面を送るも相手方が拒否。裁判のために弁護士への依頼に切り替えた。
このケースでは着手金1万円のみとなります(示談に至っておりませんので、当たり前ですが相手方が提示してきた20万円に対して成功報酬は発生しません)。


「依頼する場合の流れ」や「依頼する場合の費用」に関してご不安やわからない部分がある方はお気軽にお問い合わせください。



ご依頼・ご相談はこちらから


※西宮市(苦楽園口・甲東園・夙川・門戸厄神・甲東園・甲陽園・西宮北口)をはじめ兵庫県全域からのご依頼に対応しております。

不倫慰謝料請求サポート以外の不倫慰謝料関連業務のご紹介


■「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」以外にも以下のような不倫慰謝料関連業務を取り扱っております。


不倫慰謝料支払いの示談書作成


■示談書作成のみのご依頼もお受けしております。当事者間(不倫された人、した人)の話し合いで慰謝料の金額や今後の約束事などがある程度決まった場合にご依頼いただけます。示談書作成費用は1万6000円(当事務所名・行政書士職印等を含める場合は1万9000円)です。

icon 詳しくはこちらからご覧ください


不貞行為の慰謝料支払いについての公正証書作成


■公正証書の代理作成のご依頼をお受けしております。作成に必要な費用は当事務所手数料4万8000円+公証役場に支払う実費です。

icon 詳しくはこちらからご覧ください


内容証明での不倫慰謝料請求サポート成対応地域

■西宮市(香櫨園・今津・甲子園・鳴尾・武庫川)をはじめ兵庫県全域からのご依頼に対応しております。

■当事務所は大阪市にある行政書士事務所ですが「不倫慰謝料請求サポート業務」に関しては全国からのご依頼に対応しております。遠方からのご依頼でも問題なく対応できますので、お困りのことがございましたらお問い合わせください。



ご依頼・ご相談はこちらから


行政書士が書く不倫慰謝料コラム


不倫慰謝料請求は弁護士に依頼するのがいいの?行政書士に依頼するのがいいの?


■「どちらに依頼したら、慰謝料をとれる可能性が高いの?」と問われれば、それは間違いなく弁護士です。それは弁護士が書面の作成だけでなく、相手方との直接交渉や裁判業務を取り扱えるためです。それだけ請求された側が受けるプレッシャーが大きいということです。

■ではなぜ弁護士ではなく行政書士に依頼する人も多いのでしょうか?(恐らく)第一の理由は費用面です。弁護士ははっきり言って「高い」です。「高い」だけの効果はあるので仕方ないのですが、やはり「高い」と思われる方が多いようです。ですから費用面でそこまで負担が重くない行政書士へ依頼されるのでしょう。

■他には「とりあえず内容証明を送って相手方の反応を見てみたい」という方も多いです。これは行政書士への依頼で事足りれば費用があまり必要ないし、相手の反応が悪ければ弁護士に切り替える、という感じです(当事務所でも内容証明を送って相手の反応が悪ければ、弁護士へのご依頼をおすすめする場合もあります)。

■「弁護士の敷居が高い」「弁護士に相談したら面倒くさそうに対応された」「行政書士のほうが話がしやすかった」「いきなりそこまで大袈裟にしたくない」などはよくお聞きします。

■結論としては、(当然)弁護士への依頼のほうが強力な請求手段ですが、あなたの経済的状況、周辺状況、ご希望などを総合的に検討した上でご依頼先をお決めになればよいかと思います。迷われているのでしたら複数の弁護士事務所・行政書士事務所にご相談されたり、(依頼した場合の)見積もりをとられてはいかがでしょうか?当事務所でも初回の相談は無料ですからお迷いでしたらご相談ください、ご相談をお聞きして当事務所の見解をお伝えします(はっきりと「この案件は行政書士じゃなくて弁護士へ依頼すべきですよ」とお伝えする場合もあります)。



※「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」は西宮市全域(甲東園・甲陽園・苦楽園・香櫨園・甲子園・武庫川・夙川など)からのご依頼に対応しております。