ホーム>内容証明で不倫慰謝料請求|伊丹市・宝塚市全域

◆行政書士が「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のご依頼・ご相談をお受けしております。

◆「内容証明での不倫慰謝料サポート」以外にも慰謝料請求に関連する書類の作成(示談書・誓約書・公正証書・回答書など)を承ります。


行政書士より内容証明での不倫慰謝料請求をお考えの方へ>伊丹市・宝塚市


■「不倫慰謝料請求をしたいけど、自分でやるのがいろいろと不安だ」「いきなり裁判を起こすのではなく文書を送って不倫相手の反応を見たい」とのような方向けに当事務所では「内容証明での不倫慰謝料請求」をサポートしております。

■当事務所は行政書士の事務所ですが「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」「示談書や合意書の作成」「不倫慰謝料支払いの公正証書の作成」「相手方から送られてくる書面のチェック」など書面作成を中心にご依頼者をサポートしております。当事務所でご依頼をお受けした場合は、今までの経験をもとにご依頼者の不安を解消できるよう業務を遂行しております。

■「どんな事務所かも分からないのにいきなり依頼するのは不安」という方のために「内容証明での不倫慰謝料請求」「示談書や公正証書の作成」に関する無料相談(電話・メールでのご相談に対応)を実施しておりますのでお気軽にご相談ください。

※当事務所は弁護士事務所ではありません。代理人としての不倫相手との直接交渉、裁判関連の手続きをご希望の方は弁護士さんにご相談・ご依頼ください。


ご依頼・ご相談はこちらから


当事務所の「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」の特徴をご紹介します


@無料相談に随時対応しております
■初回相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。電話、メール、面談でのご相談に対応しております(面談は事前の予約が必要です)。
■依頼されるかどうかお決めになられていない状況のご相談でも問題ありません。


A当事務所に来ていただかなくてもご依頼をお受けできます
■電話、メール、郵便でやり取りが可能であれば事務所まで来ていただかなくてもご依頼をお受けすることができます。
■当事務所は大阪市にありますが、伊丹市、宝塚市のご依頼者の方で当事務所まで来られるのは4割前後だと思います(残りの方は電話、メールなどのやり取りのみでご依頼をお受けし、業務を遂行しております)。


Bわかりやすく依頼しやすい料金システムです
■下記でも説明いたしますが、「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」は着手金1万円、成功報酬8%、示談書作成費用1万円という明確な料金システムでご依頼をお受けしております。
■他の行政書士事務所に比べても「依頼しやすい価格・料金システム」だと考えております。


C書面作成を通してご依頼者をサポートします
■「内容証明の作成・発送」「回答書の作成」「示談書の作成」「誓約書の作成」「公正証書の代理作成」など行政書士の業務である書面作成を通してご依頼者をサポートしております。


D経験豊富な行政書士がご相談・ご依頼に対応します
■当事務所では毎年数多くの不倫慰謝料関連業務のご依頼・ご相談をお受けしております。ご依頼数が多い業務は「不倫慰謝料請求サポート業務(関西各県からのご依頼が中心です)」「示談書作成業務(関西各県からのご依頼が4割、関西以外の地域からのご依頼が6割という感じです)」「不倫慰謝料支払いの公正証書作成サポート業務(大阪府・奈良県・兵庫県・京都府からのご依頼がほとんどです)」などです。




以下では「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のご依頼をお受けする場合の費用などについて詳しく説明します!



◆「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」の内容は以下の通りです。
・不倫慰謝料請求についてのご相談
・内容証明案の作成
・内容証明の発送
・2通目以降の文書の作成
・示談書・合意書などの作成
・相手方から送られてくる文書のチェック



◆「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のご依頼をお受けする場合に必要な費用
着手金:1万円(内容証明郵便料1通分込み)
成功報酬:相手方が支払いに応じてきた慰謝料金額の8%
示談書作成費用:1万円


◆費用例
■内容証明で慰謝料150万円を請求。相手方が減額を要求してきて、最終的に慰謝料120万円で示談となる。
このケースでは着手金1万円+成功報酬9万6000円+示談書作成費用1万円の合計11万6000円となります

■内容証明で慰謝料150万円を請求。相手方が支払いを拒否してきたため2通目の請求書面を送ったが再度支払いを拒否された。訴訟のために弁護士への依頼に切り替えた。
このケースでは着手金1万円のみとなります。

■内容証明で慰謝料150万円を請求。相手方から50万円なら支払うと回答があったため、少なくとも100万円の支払いでなければ示談できないとの書面を送るも相手方が支払いを拒否。金額で折り合いがつかず訴訟のために弁護士への依頼に切り替えた。
このケースでは着手金1万円のみとなります(示談に至っておりませんので、相手方が提示してきた50万円に対しての成功報酬は発生しません)。


「依頼した場合の流れ」や「依頼した場合に必要な費用」に関してご不安やご不明な点がある方はお気軽にお問い合わせください。



ご依頼・ご相談はこちらから


※伊丹市(稲野・北伊丹・新伊丹・昆陽)、宝塚市(雲雀丘花屋敷・山本・中山・売布神社・清荒神・仁川・小林・逆瀬川・宝塚南口)をはじめ兵庫県全域からのご依頼に対応しております。

不倫慰謝料請求サポート以外の不倫慰謝料関連業務をご紹介します


■当事務所では「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」以外にも不倫慰謝料関連業務を取り扱っております。

示談書の作成


■不倫慰謝料支払いの示談書作成のみのご依頼もお受けしております。示談書作成費用は1万6000円(当事務所名・行政書士職印等を含める場合は1万9000円)です。

icon 詳しくはこちらからご覧ください


公正証書の代理作成

■不倫慰謝料支払い契約の公正証書代理作成のご依頼をお受けしております。作成に必要な費用は当事務所手数料4万8000円+公証役場に支払う実費です。

icon 詳しくはこちらからご覧ください


不倫慰謝料請求に関連した書面の作成対応地域

■宝塚市(中山寺・逆瀬川・宝塚南口・仁川・小林など)伊丹市(昆陽・荒牧・御願塚・鈴原・鋳物師)をはじめ兵庫県全域からのご依頼に対応しております。

■当事務所は大阪市の行政書士事務所ですが「内容証明での不倫慰謝料請求サポート業務」「示談書作成業務」に関しては全国からのご依頼に対応しております。遠方からのご依頼でも対応可能ですので、お困りのことがございましたらお気軽にお問い合わせください。


ご依頼・ご相談はこちらから



行政書士が書く不倫慰謝料コラム


「インターネットなどでは不倫の慰謝料の相場が200万円から300万円くらいと書いてあるのを見ました。そのくらいとれますか?」


■上記のような質問をされることがよくあります。結論から申し上げますと「わかりません」「可能性はありますがかなり難しいと思います」というような回答になると思います。そもそも不倫慰謝料には明確な計算式が存在しないため、一概に幾らくらいが妥当だと言いにくいのです。

■もし裁判などに発展した場合、慰謝料算定の対象となりそうなのは「婚姻期間」「職業・地位」「収入」「夫婦関係の破綻の有無」「不倫交際開始の経緯」「配偶者の虚言の有無」「配偶者と不倫相手の関係性」「期間」「回数」「主導性」「交際発覚後の対応」「離婚に至ったかどうか」・・・その他にも多くのポイントがあり書ききれません。ただし、全てが考慮されるわけではなく、双方の主張を聞いて裁判官が取捨選択して判断するということになると思います。

■当事務所の見解としては、すごくおおざっぱに言うならば、離婚に至らないケースであれば「30万円〜150万円程度」離婚に至るケースで「100万円〜200万円程度」が現実的な金額かなと思います。金額の幅が大きいのは、例えば「1回限りの不貞行為」と「3年に及び不倫関係、無数の不貞行為」の慰謝料が同じではないだろう、ということです。

■もちろん請求する金額(例えば内容証明に書く金額)は自由です。「1回限りの不貞行為」で300万円請求しても(多分)問題ないと思います(ただし、相手方に弁護士がつけば30万円くらいに抑えられる可能性もあるでしょうが・・・)。相場(一応それらしきものはあります)を大幅に超えるような請求をしても、相手方が自発的に支払ってこない限りは、最終的に支払われる金額は相場程度にしかならないでしょう。

■ですから慰謝料を請求するときは「自分の希望金額」だけではなく「慰謝料の相場」や「相手方の経済状況」や「相手方の周辺状況」なども総合的に考慮して請求するのが早期解決への近道だと思います。もちろん高額な請求をして相手方をビビらせたい(果たしてビビるかどうかわかりませんが・・)、と言うのであればそれはそれでよいのでしょうが・・・。



※「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」は伊丹市全域(阪急伊丹駅・JR伊丹駅・北伊丹駅・新伊丹駅・稲野駅)・宝塚市全域(宝塚駅・清荒神駅・売布神社駅・中山駅・山本駅・雲雀丘花屋敷駅・逆瀬川駅・宝塚南口駅・小林駅・仁川駅・中山寺駅)からのご依頼に対応しております。