ホーム>不倫慰謝料請求内容証明|枚方市・門真市・寝屋川市・守口市など

◆行政書士が「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のご依頼・ご相談をお受けしております。

◆「浮気・不倫慰謝料についての示談書・公正証書作成」のご依頼・ご相談をお受けしております。


枚方市・寝屋川市・門真市・守口市で不貞行為・不倫慰謝料問題でお困りの方へ


■大阪市内で行政書士事務所を運営しております行政書士の内田と申します、よろしくお願いします。当事務所では不倫慰謝料請求に関する書面作成のご依頼を枚方市・寝屋川市、門真市、守口市をはじめ大阪府全域からお受けしております。不倫慰謝料を内容証明で請求したい方向けには「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」、不倫相手との話し合いなどで慰謝料の金額がすでに決定している方向けには「示談書や公正証書作成サポート」などのサービスを提供しております。

■当事務所では不倫問題でお困りの方の負担を緩和するために、「無料相談への対応」「ご依頼の際の初期費用の低額化(内容証明不倫慰謝料請求サポートは着手金1万円です)」「明確な費用の提示」などを実施しており、ご相談者・ご依頼者が大きな負担を感じずに相談・依頼できる事務所を目指しております。

■当事務所はこれまで数多くの不倫慰謝料関連の書面作成を行っており行政書士の中でもこの業務に関する経験が豊富です。もしお困りのことがございましたらお気軽にご相談ください。


※当事務所は法律事務所(弁護士さん)ではありません。不倫相手との直接交渉、裁判関連の手続きをご希望の方は法律事務所(弁護士さん)にご相談・ご依頼ください。

※当事務所は大阪市にある行政書士の事務所です。不倫慰謝料関連の書面作成のご依頼を枚方市、寝屋川市、門真市、守口市をはじめ大阪府全域からお受けしております。遠方からのご依頼にも対応しておりますのでお気軽にご相談ください。


ご依頼・ご相談はこちらから


当事務所の「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」の特徴をご紹介します


@無料相談を実施しております
■内容証明での不倫慰謝料請求に関する無料相談を実施しております。
■電話、メールでのご相談は特にご予約なしで問題ありませんが(他の業務の都合で対応できない時間帯もありますがその点はご了承ください)、当事務所での面談をご希望の場合は事前にご予約ください。


A当事務所までお越しいただかなくてもご依頼可能です
■電話、メール、郵便でのやり取りが可能であれば当事務所まで来ていただかなくてもご依頼をお受けできます。
■もちろんご希望の方はご予約の上ご来所ください。


B「安価で明確な費用体系で良いサービスを提供する」ことを目標としております
■「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」は着手金1万円、成功報酬8%という明確な費用体系でご依頼をお受けしております。
■「他の行政書士事務所よりも安価で良いサービスを提供すること」を目指しております。


C書面作成を通してご依頼者をサポートします
■「内容証明の作成・発送」「示談書・合意書の作成」「誓約書の作成」「公正証書の代理作成」など書面作成を通してご依頼者をサポートしております。


D経験豊富な行政書士がご相談・ご依頼に応じております
■当事務所では毎年数多くの不倫慰謝料関連業務(内容証明不倫慰謝料請求サポート、示談書・合意書・誓約書作成、公正証書の代理作成)を取り扱っております。





「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のご依頼をお受けする際の費用などについてご説明します!


◆「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のサービス内容は以下の通りです。
・不倫慰謝料請求に関するご相談への対応
・内容証明案の作成
・内容証明郵便の発送
・2通目以降の書面の作成
・示談書・合意書などの作成
・相手方から送られてきた書面のチェックなど



◆「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のご依頼をお受けする際に必要な費用
着手金・・・・・・・・・・1万円 (内容証明郵送料1通分を含みます)
成功報酬・・・・・・・・相手方が支払いに応じてきた慰謝料金額の8%
示談書作成費用・・・1万円 (相手方が支払いに応じてくる場合に作成します)


◆費用例
■内容証明で不倫慰謝料150万円を請求。相手方が減額を要望してきて、最終的に120万円で示談となる。
このケースでは着手金1万円+成功報酬9万6000円(120万円の8%)+示談書作成費用1万円の合計11万6000円となります

■内容証明で不倫慰謝料150万円を請求。相手方から60万円なら支払うと回答があったが、少なくとも100万円の支払いでなければ示談できないとの書面を送るも相手方が要求を拒絶。訴訟のために弁護士への依頼に切り替えた。
このケースでは着手金1万円のみとなります(示談に至っておりませんので、相手方が提示してきた60万円に対する成功報酬は発生しません)。

「依頼した場合の業務のながれ」や「依頼した場合に必要な費用」などに関してご不安やご不明な点がある方はお気軽にお問い合わせください。



ご依頼・ご相談はこちらから


※枚方市全域(樟葉・御殿山・宮之阪・牧野・星ヶ丘・藤阪・長尾など)、寝屋川市全域(香里園・東寝屋川・萱島など)、門真市全域(古川橋・大和田・西三荘)守口市全域(滝井・土居・大日・太子橋今市)からのご依頼に対応しております。

当事務所が取り扱うその他の不倫慰謝料に関連した業務のご紹介


■当事務所では「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」以外にも以下のような不倫慰謝料関連業務を取り扱っております。


不倫・浮気慰謝料支払いの示談書作成


※話し合いで慰謝料金額が決まっている人などにおすすめ!
■請求段階ではなく示談段階での示談書作成のみのご依頼もお受けしております。示談書作成費用は1万6000円(当事務所名・行政書士職印等を含める場合は1万9000円)です。

icon 詳しくはこちらからご覧ください



不倫・浮気慰謝料支払いの公正証書作成


※公正証書のことがよく分からない人・代理作成をご希望の人におすすめ!
■不倫慰謝料に関する公正証書代理作成のご依頼をお受けしております。作成に必要な費用は当事務所手数料4万8000円+公証役場に支払う実費です。

icon 詳しくはこちらからご覧ください



不倫慰謝料減額サポート


※行政書士から内容証明で不倫慰謝料請求を受けている方、請求に対して真摯に対応しようとしている方向け
■行政書士から内容証明で不貞行為の慰謝料請求を受けた方から「慰謝料減額サポート」のご依頼をお受けすることもあります。「反省しており、謝罪した上で法的に妥当な慰謝料を支払う意思はあるのだが請求金額が高額なので支払えない」など、慰謝料請求に対して真摯に対応されようと考えている方向けです(不倫の事実があるにも関わらず慰謝料を一切支払いたくない、相場を大幅に下回るような金額まで減額したい等のお考えの方は当事務所とお考えがあわないと思います)。

icon 詳しくはこちらからご覧ください



浮気・不倫慰謝料請求に関連した書面作成の対応地域

■守口市、門真市、寝屋川市、枚方市などからのご依頼に対応しております。

■当事務所は大阪市にある行政書士事務所ですが「内容証明での不倫慰謝料請求サポート業務」をはじめ不倫・浮気慰謝料関連の書面作成に関しては大阪府全域からのご依頼に対応しております。遠方からのご依頼でも問題なく対応しておりますので、お困りのことがございましたらご相談ください。



ご依頼・ご相談はこちらから


行政書士が書く不倫慰謝料コラム


不倫慰謝料に関連した書面「内容証明」「示談書」「公正証書」の違いとは?

■ご存知の方も多いかもしれませんが、時々内容証明、示談書、公正証書の境界がごちゃごちゃになっている方もおられますので簡単にご説明したいと思います。

内容証明
■内容証明は「請求書・手紙」です。「あんたうちの主人と不倫してるでしょ!慰謝料支払いなさい!」という手紙(請求書)なのです。ですから、不倫相手に慰謝料を請求したい時で、かつ不倫相手の名前や住所が判明している時に使えます。

■話し合いなどで解決できそうな時はあえて内容証明を送る必要はないと思います。

示談書
■示談書は「契約書」です。よって合意書、和解契約書、示談書といったあたりは名前こそ全て違いますが、同じ契約書ですからほとんど効力に違いはありません(名前の問題でなく内容の問題ということです)。

■不倫相手との話し合いで慰謝料などの条件がすでに決まっている場合(例えば慰謝料100万円を支払う、今後配偶者と接触しない等)には内容証明を送る必要はありません。示談書もしくは次に書く公正証書を作成しておけばよいでしょう。

■きちんとした内容の示談書を作っておければ、後々もめ事が発生した時、裁判を起こす時などに貴重な証拠となるでしょう。

公正証書
■イメージとしては示談書のパワーアップバージョンと考えて大きな間違いはないかと・・・。もっとちゃんと言うならば示談書は「私文書(私的な文書)」で公正証書は「公的な文書」と言えます。公的な文書である公正証書の強みというのは「高い証明力(示談書より高い)」「強制執行力(示談書にはない)」「心理面での効果(示談書より強い)」といったあたりでしょう。その中でも「強制執行力」は特に強力でこれがあるために公正証書を作りたいという方が多いです。

■ではどのような場合に公正証書を作ればよいのでしょうか?不倫慰謝料の場合は以下のようなケースでは作成したほうがよいと思います。
@慰謝料の金額の支払い期限がかなり先の場合(例えば慰謝料100万円を1年後に支払う等)
A慰謝料が分割払いの場合(例えば慰謝料100万円を5万円の20回払いで支払う等)
このようなケースで公正証書を作っておけば、相手方が慰謝料の支払いを滞らせた場合に強制執行ができるのです。

結論
■ご相談者の直面している状況によって必要となる書類は違ってくるでしょうから、「自分にどの書類が必要か分からない」ということであれば専門家に相談していただくのがよいかと思います。当事務所でも無料相談を行っておりますのでお気軽にお問い合わせください。




※「不貞行為・浮気慰謝料関連書類作成のご依頼」は京阪本線沿線(樟葉駅・牧野駅・御殿山駅・枚方市駅・枚方公園駅・光善寺駅・香里園駅・寝屋川市駅・萱島駅・大和田駅・古川橋駅・門真市駅・西三荘駅・守口市駅・土居駅・滝井駅)谷町線沿線(守口駅・大日駅・太子橋今市駅)京阪交野線沿線(宮之阪駅・星ヶ丘駅・村野駅)、JR片町線沿線(津田駅・藤阪駅・長尾駅)などからのご依頼・ご相談に対応しております。