ホーム>不倫慰謝料請求内容証明|豊中市・箕面市・池田市・豊能町・能勢町など

◆行政書士が「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のご依頼・ご相談をお受けしております。

◆示談書・公正証書など浮気・不倫慰謝料請求に関する書面の作成のご依頼・ご相談をお受けしております。


不貞行為・不倫慰謝料の問題でお困りの方へ>豊中市・池田市・箕面市


■当行政書士事務所では不倫慰謝料請求に関する書面作成を専門的に取り扱っております。主な取扱い業務は「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」「不倫・浮気慰謝料に関する示談書・合意書などの作成」「不貞慰謝料支払い契約公正証書の作成」などです。書面作成を通してご依頼者をサポートしております。

■不倫問題でお困りの方は様々な不安を抱えて苦しんでおられると思います。当事務所では不倫問題でお困りの方にできるだけご負担をかけないことを考え、無料相談の受付、慰謝料請求の初期費用の低額化、ご依頼をお受けする場合の安価で明確な費用体系などを実施しております。

■初回のご相談には基本的に無料で対応しております。電話相談に関しては営業時間内であれば特に予約の必要もなくお気軽にご相談いただけます(他の業務の都合で電話に出ることができない場合もあります。その場合は時間をおいてお掛け直しください)。費用に関してですが、例えば「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」であれば着手金1万円、成功報酬8%というわかりやすい費用体系でご依頼をお受けしております。また、初期費用も内容証明郵送料込みの1万円ですから、それほどご負担にならないと思います(相手方が請求に対応しなくてもご依頼者のご負担が1万円で済むということです)。示談書や合意書などの契約書面に関しても1万6000円(事務所名ありのものは1万9000円)という価格でお引き受けしております。

■ご相談者の中には「他の事務所に比べて安いけど、この価格でちゃんとやってくれるのか?」というご質問をされる方もおられます(個人的には凄く安いとは思っておりませんし、当事務所より安い事務所もあります)。この不倫慰謝料関連の業務はかなりの数をこなしており、今まで他の行政書士さんや弁護士さんが作成した書面を数多く見る機会がありましたが、それを見た上で世間の行政書士の水準以上のサービスは提供していると自負しております。

■ただ、どちらにせよご依頼をお受けするには相性の問題もあると思います。ご依頼者と当事務所の相性が悪ければ上手くいくものも上手くいきません。ですから「どんな事務所か分からないから色々と不安だ」という方は、まず無料相談をご利用ください。ご相談者のお話をお聞きして当事務所の見解をお伝え致します。当事務所の方針ですがご依頼を強要もしくは強くすすめることはありませんので安心してご相談ください(同業者からたまに「もっと強引に依頼をとればよいのに」と言われます・・・)。

※当事務所は弁護士事務所(法律事務所)ではありません。相手方との直接交渉、裁判関連の手続きをご希望の方は行政書士ではなく弁護士さんにご相談・ご依頼ください。



ご依頼・ご相談はこちらから


当事務所の「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」の特徴をご紹介します


@無料相談を実施しております
■初回相談は無料ですのでお気軽にご相談ください。電話、メール、面談でのご相談に対応しております(面談のみ事前の予約が必要です)。
■依頼されるかどうかお決めになられていない状況のご相談でも問題ありません。


A事務所に来ていただかなくてもご依頼をお受けできます
■電話、メール、郵便でのやり取りが可能であれば事務所まで来ていただかなくてもご依頼をお受けすることができます。


Bわかりやすい費用体系です
■以下でも説明いたしますが「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」は着手金1万円、成功報酬8%という明確な費用体系でご依頼をお受けしております。
■多くの行政書士事務所の中でも「依頼しやすい費用体系」だと考えております。


C書面作成を通してご依頼者をサポートします
■「内容証明の作成・発送」「回答書の作成」「示談書の作成」「誓約書の作成」「公正証書の代理作成」など行政書士の業務である書面作成を通してご依頼者をサポートします。


D経験豊富な行政書士がご相談・ご依頼に応じております
■数多くの不倫慰謝料案件に関与してきた経験豊富な行政書士がご相談・ご依頼に対応いたします。ご依頼数が多い業務は「不倫慰謝料請求サポート業務(関西各県からのご依頼が中心です)」「示談書作成業務(関西各県からのご依頼が4割、関西以外の地域からのご依頼が6割というところです)」「不倫慰謝料支払いの公正証書作成サポート業務(大阪府・奈良県・兵庫県・京都府からのご依頼が9割ほどです)」などです。





「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のご依頼をお受けする際の費用などについて詳しくご説明いたします!


◆「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」の内容は以下の通りです。
・不倫慰謝料請求・内容証明に関するご相談
・内容証明案の作成
・内容証明の発送
・2通目以降の文書の作成
・示談書・和解契約書など契約書面の作成



◆「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」のご依頼をお受けする場合に必要な費用
着手金: 1万円(内容証明郵送料1通分込み)
成功報酬: 相手方が支払いに応じてきた慰謝料金額の8%
示談書作成費用: 1万円


◆費用例
■内容証明で慰謝料250万円を請求。相手方が減額を要求してきて、最終的に慰謝料120万円で示談となる。
このケースでは着手金1万円+成功報酬9万6000円(120万円の8%)+示談書作成費用1万円の合計11万6000円となります

■内容証明で慰謝料250万円を請求。相手方が支払いを拒否してきたためご依頼者の要望で2通目の請求書面を送ったが再び支払いを拒否された。訴訟のために弁護士への依頼に切り替えた。
このケースでは着手金1万円のみとなります。

■内容証明で慰謝料250万円を請求。相手方から60万円なら支払うと回答があったが、少なくとも120万円の支払いでなければ示談できないとの書面を送るも相手方が要求を拒絶。訴訟のために弁護士への依頼に切り替えた。
このケースでは着手金1万円のみとなります(示談に至っておりませんので、当然ですが相手方が提示してきた60万円に対する成功報酬は発生しません)。

「依頼した場合の進め方」や「依頼した場合に必要な費用」などに関してご不安やご不明な点がある方はお気軽にお問い合わせください。


ご依頼・ご相談はこちらから


※豊中市、池田市、箕面市、豊能郡などからのご依頼に対応しております。

その他の不倫慰謝料関連業務のご紹介


■「内容証明での不倫慰謝料請求サポート」以外にも以下のような不倫慰謝料関連業務を取り扱っております。


不倫・浮気慰謝料支払いの示談書作成


■示談書作成のみのご依頼もお受けしております。示談書作成費用は1万6000円(当事務所名・行政書士職印等を含める場合は1万9000円)です。

icon 詳しくはこちらからご覧ください



不倫・浮気慰謝料支払いについての公正証書作成


■公正証書代理作成のご依頼をお受けしております。作成に必要な費用は当事務所手数料4万8000円+公証役場に支払う実費です。

icon 詳しくはこちらからご覧ください



行政書士から不倫慰謝料請求を受けた方向けの「慰謝料減額のサポート」


■行政書士から内容証明で不貞行為の慰謝料請求を受けた方から「慰謝料減額サポート」のご依頼をお受けしております。「反省しており、ある程度の慰謝料を支払おうと考えているが請求金額が高すぎて支払えない」など、慰謝料請求に対して真摯に対応しようと考えている方向けです。

icon 詳しくはこちらからご覧ください



不倫慰謝料請求に関連した書面作成の対応地域

■豊中市(岡町・曽根・服部・庄内・千里中央)・箕面市(牧落・桜井)・池田市(石橋)・豊能町などからのご依頼に対応しております。

■当事務所は大阪市の行政書士事務所ですが「内容証明での不倫慰謝料請求サポート業務」に関しては全国からのご依頼に対応しております。遠方からのご依頼でも問題なく対応しておりますので、お困りのことがございましたらご相談ください。




ご依頼・ご相談はこちらから


行政書士の不倫慰謝料関連書面作成サービス>どんな方におすすめ?


当事務所の「内容証明での不倫慰謝料サポート」はこのような方にもおすすめです

・とりあえず内容証明を送って不倫相手の反応を見てみたい方
・いろいろと相談しながら進めていきたい方
・初期費用をあまりかけたくない方
・弁護士に敷居の高さを感じる方
・仕事、育児などで忙しくて弁護士事務所や行政書士事務所に行く時間がない方



当事務所の「不倫慰謝料支払いの示談書作成」はこのような方にもおすすめです

・相手との話し合いですでに慰謝料の金額などが決まっている(決まりそうな)方
・交渉の場に示談書(契約書)を持って行きたい方
・ご自分で示談書を作成するのが不安な方
・示談書作成にあたって色々とアドバイスが聞きたい方
・仕事、育児などで忙しくて弁護士事務所や行政書士事務所に行く時間がない方



当事務所の「慰謝料支払いの公正証書作成」はこのような方にもおすすめです

・相手との話し合いですでに慰謝料の金額などが決まっている(決まりそうな)方
・慰謝料の支払い期限までかなり日数があいていたり、慰謝料を分割払いでもらう方
・ご自分で公正証書を作成するのが不安な方
・そもそも公正証書が何かよく分からない方
・公正証書の代理作成をご希望の方



当事務所の「不倫慰謝料の減額サポート」はこのような方にもおすすめです

・行政書士もしくはご本人から書面で慰謝料請求を受けた方
・真摯に対応するつもりだけど、請求金額が高額すぎると感じておられる方
・一人で対応するのが不安でいろいろと相談したい方



ご依頼・ご相談はこちらから


行政書士が書く不倫慰謝料コラム


不倫慰謝料請求における行政書士と弁護士のサービス・費用の違い


■不倫慰謝料請求の依頼先は色々と考えられますが、インターネットなどで検索してみると多いのは弁護士、行政書士(あとは司法書士などでしょうか)だと思います。弁護士と行政書士の違いは一体何なのでしょうか?

破壊力抜群、費用も抜群の弁護士
■まず弁護士です。弁護士は「できることの範囲」が広く、内容証明などの文書の作成だけでなく、相手方との直接交渉、裁判関連の業務を取り扱うことなどが可能です。ですから、不倫相手が請求を放置する可能性は低いでしょう。

■問題となるのは費用面です。着手金で15万円〜25万円程度、成功報酬が10〜20%程度、また裁判などになった場合は日当3〜5万円程度が必要だと思います。弁護士への依頼は強力な手段ですが、その分費用面も強力ということなのです。

■当事務所にご依頼される方でも「弁護士への依頼も考えたが、着手金が高すぎるので行政書士に依頼して内容証明を送って様子を見てみることにした」などの方もおられます。

書面作成の専門家・行政書士
■行政書士が専門とするのは「書面の作成」です。「内容証明の作成・発送」「示談書・和解契約書の作成」「公正証書の作成」など書面作成とそれらに関するご相談を通してご依頼者をサポートします。ただし、弁護士と違って相手方との直接交渉や裁判関連の業務が取り扱えません。そのため書面でのやり取りで解決に至らなかった場合は弁護士に切り替えて訴訟する必要などがあります(中にはあきらめる人もいますが・・・)。

■費用面ですが色々な費用体系の事務所があります。内容証明1通につき幾らの事務所であれば(1通2万円〜5万円程度の所が多いと思います)、当事務所のように着手金+成功報酬のようなパターンの事務所もあります。また完全成功報酬制の事務所もあります。

結局はご本人次第か
■「どちらに依頼するか」という点に関しては結局はご本人次第かな、と思います。ご本人の経済的状況、周辺状況、弁護士や行政書士との相性、慰謝料の希望金額などを総合的に検討してご依頼先を決めるべきでしょう。





※「不倫・浮気慰謝料関連書類作成のご依頼」は豊中市全域(豊中駅・蛍池駅・岡町駅・曽根駅・服部駅・庄内駅・緑地公園駅・柴原駅・少路駅・千里中央駅)、池田市全域(池田駅・石橋駅・川西能勢口駅・川西池田駅)箕面市全域(箕面駅・牧落駅・桜井駅)豊能町(光風台・ときわ台・妙見口)など)からのご依頼に対応しております。